ドル・ユーロ両替手数料を安くする方法!FX口座を使った手数料節約術

今年は海外出張などで、ヨーロッパやアメリカに6回行ったカズです。海外に行くのは、長時間のフライト、言語の違い、文化の違いなど疲れる事もいっぱい。でもそれ以上に面白い事がいっぱいあるから海外は楽しいんだよな。

そこで海外で必要になるのが、現地で使えるドルやユーロなどの現金でございます。ドルやユーロを手に入れるため、国内もしくは空港や現地で両替する必要がある。しかし気になるのがその手数料なのでございます。どうせなら、安い手数料で何とかしたい。

そこで本日は、日本円からドルやユーロに換金する時のお得な両替テクニックを紹介しましょう!(今回はマネーパートナーズさんとのタイアップ記事になります)

ドル・ユーロのお得な両替術

思った以上にかかる両替手数料

海外旅行に行った人はわかると思うが、けっこう両替手数料ってかかるもんなんです。例えば仮に1ドル100円だったとして、1万円を両替したら100ドルになるわけじゃないんです。両替も商売、そこには必ず両替え手数料がかかってきます。じゃどのくらい手数料がかかるのか次まとめてみた。

銀行と手数料を比較

銀行マネーパートナーズ
1ドル約3円約0.2円+500円
1ユーロ約4.5円約0.2円+500円
1ポンド約13円約0.2円+500円

初めて両替した時は、えーっと思ったわけです。
銀行や現地の両替所など、ドルだと基本的に約3円、ユーロだと約4.5円、ポンドなんて13円の手数料がかかります。しかしマネーパートナーズを使うと、それが約0.2円しかかからない。

だったら、これむちゃくちゃお得じゃん!と言いたいところですが、プラス500円と書いてますよね。だから金額によっては、損する事もあるんです。それについては、またあとで解説します。ただ一つ言えるのは、ある程度の額以上だったらお得って事。

1000ドルの手数料比較

銀行1000ドル X 約3円 = 3000円
マネーパートナーズ1000ドル X 約0.2円 + 500円 = 700円

1000ドルはちょっと大きいだろっていうツッコミもありそうだが、まぁそのあたりは、おいておいて今回の手数料比較はこのような感じになる。銀行だと1000ドル両替するのに手数料として3000円必要。そしてマネーパートナーズでは700円。

差額

  • 3000円 – 700円 = 2300円

外貨受取時の受取手数料として500円必要だが、1ドルあたりの手数料が約0.2円だから総額700円ですむ。銀行と比較すると、その差は2300円。でもこんな旨い話ってそもそも怪しい。なぜこんな安くなるのかというと、こういう事。

FX口座を利用した両替サービスなのさ

なぜここまで両替手数料が安いのかというと、カラクリがあるわけです。FXって聞いた事ありますよね。今回、そのFX口座を使った両替サービスを利用しているんです。

キッパリ!FXはやらなくていい!

ハッキリ言います!なぜ、マネーパートナーズが、このように両替をサービス価格でやっているのかというと、FXの口座を作って欲しいから。両替で使ってもらうのはもちろんだけど、将来FXをやろうって時になった時に、すでにアカウントのあるマネーパートナーズを使ってくれると嬉しいな―って事。

じゃあ、FXをやらないといけないの?って事になるんだけど、一切FXなんてしなくていい!両替が目的なら両替だけで使えばいいんです。両替を利用したい時に利用する、なんか両替だけだと悪いなぁって気を使う必要も一切なしさ。

口座開設・維持手数料も無料

うまい話があると、何か騙されていないか心配になるけど、先ほどもいったように、将来FXやる事があったら、マネーパートナーズを使うキッカケになればいいって事くらいなんです。

口座開設の手数料も無料だし、維持手数料についても無料です。特に開設したからってお金がかかるわけでもないので、口座開設の分にはデメリットは特になし。

国内の出発空港で受取れる

ドルやユーロなど現金の受取りは上記空港で可能。それぞれ専用の受取りカウンターがあるのでそこで受け取れるんです。とりあえず国内であればバリバリ日本語が通じるから安心。

デメリット

両替金額が少ないと逆に損

銀行手数料マネーパートナーズ手数料
100ドル100ドル X 約3円 = 300円100ドル X 約0.2円 +500円 = 520円
1000ドル1000ドル X 約3円 = 3000円1000ドル X 約0.2円 +500円 = 700円

ポイントとなるのが、500円という受取手数料がかかるって事。これは100ドルでも1000ドルでも変わらない。じゃあ、100ドルと1000ドルで銀行と比較した手数料は上記の通りだ。100ドルという金額の場合には、銀行が300円に対してマネーパートナーズは受取手数料が一律500円かかるから合計520円。

2013年9月のレートだと、ドルの場合は、最低でも200ドル以上の両替じゃないと意味ない。ただ金額が大きくなってくると、お得感が出てくるので、多人数で海外に行くとき、誰かがまとめて換金すると金額が大きくなりお得感が出てくるのかも。

最低でも受取りに8日間かかる

明日海外に行くから、両替しておこうと思ってもシステム上、両替が間に合いません。これって受取りに日数がかかるんす。その日数は8日間。だから直前でやっても意味がない。口座開設の手間もあるので余裕をもって、2週間ほど前から作っておく事をすすめます!

マネーパートナーズの口座開設が必要

口座開設費用や口座維持手数料がかかるわけでないので、費用的なデメリットはないけど、まっ当たり前な話になるが、口座開設の必要があります。

次に説明するけど、必要項目を入力すると書類が届くので、それに書いてあるパスワードを入力して無事、口座開設って感じ。入力が難しいなどないけど、やはりちょっとが手間。

口座開設から受取りまでの手順

口座開設

まず最初に口座開設。上記URLよりマネーパートナーズHPにいって写真に見える「口座開設」をポチッと押しましょう。

あとはお客様情報を入力です。あとちょっとすごいと思ったのが、本人確認書の確認が、スマホなどで撮影した運転免許書などの写真データでよかったという事。ホント楽な時代になったもんだ。

口座番号とパスワードを入力

入力完了後、1日~3日程度で上記のような書類が届きます。

届いた書類には、口座番号と初期パスワードが記載されているので、それをもとにログインページにいって入力。これで口座開設完了さ。

口座に入金する

両替するにあたって、マネーパートナーズの口座に入金しないといけない。いろいろ提携銀行があって下記の銀行であれば振込み手数料は無料。

  • 楽天銀行
  • 三井住友銀行
  • ジャパンネット銀行
  • みずほ銀行
  • ゆうちょ銀行
  • 三菱東京UFJ銀行
  • 住信SBネット銀行

クイック入金の名の通り、入金までが鬼のように早い。まず銀行を選び「パートナーズFX/受入証拠金」を選択。そして入金額を決めよう。この時、現在の換金レートと受取手数料の500円も計算して両替に使う分だけを入れておくと賢いかも。

100ドル単位で両替

両替後、受けとれる現金の単位が100ドルごとなので「外貨両替」のページにいって、100ドル単位で両替しよう。

内容を確認したら外貨両替実行!

受取り通貨、受取日などを指定

はい、もうラストの作業です。こちらページにて受取金額、受取日、受取場所を選択。これで終了さ。あとは指定した空港で現金を受取るだけ。

両替え手数料を節約したいなら

少しの手間が必要なので、手数料なんて別にどうでもいい。少額の両替しかしないって人は、今回の両替えテクニックは必要ない。でもこんな人であれば、今回のテクニックは有効。

こんな人向け

  • 両替え手数料を抑えたい
  • 200ドル以上の両替えをする予定

そして更に、私みたいにしょっちゅう、海外に行く人とか、特にイギリスのポンドレートはいいので、ポンド両替えの場合には更に効果はバツグンです。

PCからはもちろん、スマホからでも口座開設ができ、電話サポートもあるのでPCが苦手って人でも問題はないみたいっす。まっ先ほどの手順通りにやれば大丈夫だけどね。

もしこれから海外に旅行や出張の予定があって両替するのであればマネーパートナーズ試してみてはいかがでしょう?ページについては下記リンクを参考にしてください。

お申込みはコチラらからっす

スポンサードリンク

この記事に関連するかもしれない記事

コメント欄

blog comments powered by Disqus

HOME

管理人

管理人 カズ

人生一度きり、だったらいろんな世界を見てみたい!!そんなわけでカズ旅始めます!スタイルとしては、世界一周とかではなく日本で働きながら行ける時に海外に行くって感じ。そのため一週間未満の旅行となります。

私の事が気になって仕方ない場合は、下記プロフィールをご覧下さい(笑)
プロフィール (kazuch.com)

スポンサードリンク