ザ・カウンターのハンバーガーがデカすぎる!ハワイで食べれるオススメ巨大バーガー

『えっ今ダイエット中?』ハワイに来たんだからそんな事考えないでおきましょう。ハワイじゃたらふく食って、日本に帰ってからダイエットをがんばればいいだけさ。

という事で今回オススメするのは、ハワイで食べれる最強ハンバーガー屋『ザ・カウンター(The Counter)』です。ここでは1ポンドもの肉量をもったハンバーガーが食べれるらしい。これぞアメリカンドリームであります。

ハワイ最強バーガーのザ・カウンターについて

カハラモール内にザ・カウンターがある

前回、ワイキキから自転車にのってカハラモールに行く方法を説明したよね(カハラモールへの行き方)。ワイキキからだと時間にして30分か40分といったところでしょうか。

カハラモールはちょっと広めなので、中に入ったら地図を確認しよう。すると建物の端にザ・カウンターはございます。写真のようにガラス面で覆われており、そとに『THE COUNTER』と看板があります。外壁を見るとブルーになっているからそちらの方が目印になるかも。

店内は天井が高く開放的

店内に入ると、若いお姉さん店員がきて『何名ですか?』と聞いてきた。ははっもちろん一人さ。でも今回一人組は私だけでなかった。カウンターを見ると私以外にも二人いる。けっこう一人でくるお客さんも多いのかもね。

ちなみに店内は、天井が高く開放的。昼間は外光もいっぱい入ってきて実に気持ちがいい。今回遅めの15時頃に来たのでお客さんは少なめだけど、いつもお昼時はけっこうお客さんがいるらしいです。

自分だけのハンバーガーを作れます

セットメニューもあるのだが、ザ・カウンターの目玉とも言えるのが、カスタマイズハンバーガーだ。肉の種類からサイズ、焼き方、中に入れる具材などすべて自分で決める事ができる。

しかも、高値地帯のワイキキを離れているせいか、価格もそれほどではないです。オリジナルバーガーを作ってもサイズごとにこんな価格だ。

ハンバーガー価格

  • 1/3ポンドバーガー 9.5ドル(肉の量151g)
  • 2/3ポンドバーガー 12.0ドル(肉の量302g)
  • 1ポンドバーガー 15.0ドル(肉の量454g)

店内で食べるならこれにチップ(15%)ほどが加算されるのだが、それでも安いと思う。例えば1ポンドの最強バーガーでも、円高の恩恵もあって1ドル80円で考えると1200円。これにチップ15%を乗せる程度だ。

もちろん普通のランチとして考えるのであれば高くはあるが、このボリューム、そして何より1ポンドのハンバーガーを食べれるという『強烈な思い出』ができるのであれば得感はあるんじゃないかな。

なんか変な日本語メニュー

日本語の喋れる店員さんはいなかったけど、それなりに日本人観光客も多いので多少は英語の苦手な日本人への対応は慣れていると思います。

私が日本人とわかり、渡してくれたのが日本語のメニュー。まぁメニューというか書き込み用紙ですね。これにチェックをしてハンバーガーをオーダーします。なんかところどころ、おかしな日本語があるのが面白い。

ちなみにですが『本日のオススメソース』を選んで、それを若い店員さんに渡すと本日のオススメは『マンゴーソースよ。大丈夫?』と聞いてきた。もちろん大丈夫ではない(笑)。というわけで手堅いテリヤキソースにしたのであります。

アメリカといったらレモネード(おかわり自由)

アメリカのドラマや映画で見ると、どうもアメリカってレモネードを飲むことが多いようだ。という事でアメリカ気分を味わうべくレモネードを注文。価格は約3ドルでした。

自転車できたという事もあり、喉の乾いていた私はぐいっと飲み干したわけだが。すると店員さんが笑顔でお代わりをもってきてくれた。どうもこのレモネードはお代わり自由の部類だったらしい。ホント良心的でございます。

笑いながら1ポンドのハンバーガーを持ってきた

私が行った時の店員はホント良かった。笑顔がキュート。彼女は『ハハハッ』と笑いながら1ポンドのハンバーガーを持ってきてくれました。ははっホントに笑いが出るくらい大きい。

日本で売っているマクドナルドの『ビックマック』なんて目じゃない。ビックマック2つ分?、いやそれ以上に大きい。なんかあまりにもの大きさにテンションあがるぜ。

ハンバーガーの大きさよりも肉の厚みに注目

1ポンドハンバーガーのエグいところは、その厚みにあります。例えばマクドナルドのビックマックだと肉の厚みで2cmはありますが他にもパンを挟んだりいろんなものを挟んであの厚みを実現しております。

あと何よりも肉の質が違いますね。ビックマックのお肉は、詰まっている感じではなく、いい意味で軽い。食べやすい感じの密度です。しかし1ポンドバーガーはそんなんじゃありません。肉厚で5cmはあるんじゃないかな。そして何よりも肉のつまり具合が半端ない。かなりのボリューム感です。

普通はフォークとナイフで切り分けて食べるらしい

ハンバーガーのサイズにもよるのですが、通常はフォークとナイフを使って食べるようです。まぁこのハンバーガーを目の前にしたら誰もがそう思うでしょ。

このハンバーガーは、かじりついて食べるものではないです。頭が正常な人なら、このバーガーを目の前にしたら理解できるでしょう。

でもでっかいハンバーガーにかじりつくのが男のロマン

無理とわかっていても、この巨大バーガーにかじりつくのが男のロマンってものでしょう。というわけで無理やりガブリ!なんか、いろんなモノがしたたり落ちます。

とりあえず言っておきます。『食べにくいっ!』やっぱりこのサイズとなるとフォークとナイフを使って食べるのが賢い食べ方なのでしょう。

えっ普通にうまいんだけど

大きなものは大味といいますが、このハンバーガー普通にうまいです。ちょっと想像していたのと違っていて、いい意味で期待を裏切られました。とりあえず、過去食べてきたハンバーガーの中では一番。

何よりも印象的なのは、肉の味。ちゃんとした肉を使っているからしっかり肉汁がでてきて、それがまたうまい。でも大きすぎるので肉汁がボタボタであります(笑)。いい加減フォークとナイフで食べるとするか。

ハンバーガーの仕上げはレアにしました

肉のピンク感が半端ないっすね。今回ハンバーガーの仕上げは、レアにしました。ただ肉厚がすごいので、1ポンドでレアにするとピンクの量の比率がすっごい増えます。

レア好きな方でも、これだけ厚みのあるバーガーとなるのであればミディアムくらいがいいのかもしれません。

満足だったので22ドル払いました

今回は下記の二つがそれそれこのくらい。

  • 1ポンドハンバーガー 15ドル
  • ラムネード 3ドル

合計18ドルで、ちょっと感動しちゃったのでチップ4ドル。合計22ドル払って来ました。まずテーブルで『Check Please』。あとは奥にあるレジにてお支払い。現金OKだしカードもOKでございます。

間違いなくハワイでおすすめのハンバーガーでした

ちょっとワイキキから離れたカハラモールにあるハンバーガー屋ではありますが、間違いなくオススメのバーガー屋です。質も量もサービスも申し分ない。

あと少し食べれる方だったらぜひ1ポンドバーガーにチャレンジしていただきたい。けっこうな量があり、思い出作りには最適でございます。私は、ホントお腹いっぱい。自転車で来てホントよかった。ちょうどいい運動になるからね。

昼も夜もやっているのでカハラモールに行く事ございましたらぜひともお立ち寄り下さい(^^)

スポンサードリンク

コメント欄

blog comments powered by Disqus

HOME

管理人

管理人 カズ

人生一度きり、だったらいろんな世界を見てみたい!!そんなわけでカズ旅始めます!スタイルとしては、世界一周とかではなく日本で働きながら行ける時に海外に行くって感じ。そのため一週間未満の旅行となります。

私の事が気になって仕方ない場合は、下記プロフィールをご覧下さい(笑)
プロフィール (kazuch.com)

スポンサードリンク