高所恐怖症は無理!ココヘッド登山レポート

先日は「ココヘッド登山への行き方」を紹介したが、ココヘッドに行くまでで疲れていちゃダメだ。ここからが本番なのだよ。私は体力に自信があるが、それでもクタクタになった。もし挑まれる場合は、日本で軽くウォーキングなど軽い運動くらいはしておいた方がいいぞ。

ココヘッド登山レポート

目の前にあるのがココヘッド

さて、ようやくココヘッドに到着した。目の前にあるのがココヘッドだ。こうやってみるとわかるが、ちょこちょこと人はいる。けっこう人気の登山スポットのようです。

えっちょっとやばくないか!?

遠くから見ていたら大した事なかったんだけど、いざ入り口まで来てみると、ココにきた事を後悔する。これ本当に登れるんだろうか・・・。一つ言っておくが、日本で超運動不足な人は登らない事をオススメする。ダイヤモンドヘッド登山よりはキツイぞ。

枕木の上を永遠と登って行くぜ

このココヘッドは、その昔ロープウェイがあったとかなかったとかだと思うんだ。それでそれが撤去されてからもこれだけが残ってしまったようです。ただ階段っぽくなっているので幾分かは登りやすいが、ちょっと勾配がキツイんだよな。

スリッパ禁止

ハワイにくると、どこ行くにもスリッパという人は多いが、今回ばかりはマジにNGでございます。こちらハワイでいくつかの登山コース登った事あるけど、このココヘッドが一番危険な感じがします。

たまに岩肌とか、金属が出ている事があり、下山中ですが、スリッパを履いた女性がそれにつまずいて血がドクドク流れていたという現場を見ました。ホントに気をつけましょう!

まっ危険はあるんですが、それでも子供はもちろん、老人までこのココヘッド登山は人気があります。そこまでの危険はないんですけど、怪我する可能性はあるので、お子さんと来た場合は目を離さないよう注意して下さいね。

水分は必須!

いやぁ、マジにこの登山はキツイ。最初から最後まで楽させてくれません。汗はダクダク流れてTシャツはびちゃびちゃです。ここで重要なのが水分補給。人によっては一リットルで足りない人もいるので、多めに持って行きましょう。

下が見える枕木スポット

半分くらいまで上がると、先ほどまでは見えていた地面がなくなり、写真のように宙を浮いたようなスポットに到着します。ここは落ちると危ないので気をつけるべし。また雨の日の登山もオススメしないぜ。

うひゃー!高所恐怖症の人にはキツイぜ!

途中、後ろを見てみるとこんな感じ。たぶん高所恐怖症の人はキツイと思う。これって登りは疲れるだけだけど、下山中は足を滑らせる事があるので危険も多い。下りこそ気をつけておりて下さいませ。

たった20分!通常の半分の時間で到着

どうやら頂上に到着したようだ。ここまでにかかった時間は20分。ネットで調べてみると頂上まで40分かかるらしく、どうやら倍の速度で上がってきたらしい。そりゃ疲れるはずだわ笑。無理して登って倒れたりしたら危険なのでみんなはゆっくり時間をかけてのぼってくれ。

画面から伝えれないけどヤバイ!

ホント残念な事だが、この写真からではこの絶景は体験できない。ここに来ないとこの同大感は伝わらないよ。ダイヤモンドヘッドの頂上なんかより、よっぽどキレイ!

また反対側を見るとご覧のような光景が広がる。これ富士山のようにポンと一つだけ高い山があるから、どこ見ても景色がいいわけでございますよ。あぁ気持ちがいい!

無理せず登るべし

とにかく景色が最高にいい!なのでハワイいく人、全員にこのココヘッドはオススメしたい。しかし、ちょっと危なくはあるので、これまで言ってきた注意ポイントを踏まえてここにチャレンジしてほしいと思う。

ちなみに今回は、私一人でここに来たんだけど、道中日本人は私一人だけでした。ブログではいくつか、ココヘッドの記事を見たことあるんだけど、あまりメジャーじゃないのかもね。

スポンサードリンク

コメント欄

blog comments powered by Disqus

HOME

管理人

管理人 カズ

人生一度きり、だったらいろんな世界を見てみたい!!そんなわけでカズ旅始めます!スタイルとしては、世界一周とかではなく日本で働きながら行ける時に海外に行くって感じ。そのため一週間未満の旅行となります。

私の事が気になって仕方ない場合は、下記プロフィールをご覧下さい(笑)
プロフィール (kazuch.com)

スポンサードリンク