ハワイ出発編 出国時入国時のあれこれ

2011年12月07日、ついにカズ旅第一弾となる『ハワイ・ホノルルマラソン走ってみよー(課題)』がスタートしました。いままでに社員旅行で行った事はあるのだが、先輩にただついていく金魚のフン状態ですべてを先輩に任せてました。つまり一人で飛行機乗るにあたり、知らない事だらけです。。

一人でやってみて、乗り方などいろんな事が初めてわかるものです。さてハワイを地図で確認してみると太平洋のど真ん中にある島。これがハワイです。マウイ島やハワイ島いろんな島が集まった楽園ですね。一人旅のため不安もありますが、それよりもハワイを目の前にするとやはりワクワク。絶対楽しい旅にしてやります。

成田空港への道のり

福井から成田空港国際線ターミナルまで約6時間

近くの小松空港からハワイ行きが出ていればいいのですが、出ているはずもありません。近くで大きな空港というと大阪国際空港なのですが、安いツアーが出ているのを探すと成田空港からしか出てなかったんです。仕方ない成田空港まで行くことにしよう。

2011年12月07日 成田空港までの道のり

  1. 12時頃に自宅を出て車で小松空港へ(移動1時)
  2. 14時30分の飛行機で羽田空港へ(移動1時間)
  3. 15時30分に到着し16時のリムジンバスで成田空港へ向かう(移動1時間20分ほど)
  4. 17時半頃に成田空港の国際ターミナル到着

往復の費用として約2万円かかります。福井っていいところだけどこういったメジャーな国際ターミナルが遠いのが弱点なんだよね。まぁ仕方ないか。

成田空港の国際線ターミナル

飛行機って『国際線』と『国内線』の二種類があるって知ってました??。ものすごく当たり前な話なんですけど初めて飛行機にのった時までそれを知りませんでしたお恥ずかしい。

もちろん同じように『国内線のターミナル』と『国際線のターミナル』の二種類があり、成田空港は同じ敷地内にターミナルはあってもそれぞれがちょっと離れているみたいでした。私は羽田空港からのリムジンバス(片道3000円)で向かったので、迷うことなく国際線ターミナルにそのまま下車。次は電車でチャレンジしてみたいものです。

成田空港内での手続き

空港についたらまずチェックイン

空港についたら、チェックインをしましょう。今回わたしはJALを利用したので国際ターミナル内でJALの窓口を探しました。チェックインというと、まぁ飛行機内での席の確保の事ですね。

他の航空会社はわかりませんが、上の写真にあるようJALさんでは『国際線Webチェックイン』が利用できます。一人だとあまり関係ありませんがご家族で行く時とか、席は隣同士がいいですよね。搭乗便の出発72時間前から予約できるようになっているので、早めに席の予約をしておきましょう。

チェックインの時は非常口の席がおすすめ

エコノミー席だとどうしても前の席との間隔が狭く窮屈です。しかしエコノミー席の中で唯一足が伸ばせる席があるんです。それが非常口付近のシート。

この席はWebチェックインでは取れない席、つまり早い者勝ち。Webチェックインで別の席を予約していても、空港で変更できるから空いていたら狙い目です。もちろん今回私は変更してその席を選びました。

スーツケースを預けよう

チェックインの時と同時になるのかな。スーツケースを預けちゃいます。この時点で重量制限にかかる事はないと思いますが、各航空会社によって重量制限が設けられているので、お土産には高重量のものを選ばないのをオススメする。

ちなみにスーツケースの中には、盗まれてもまだいいものだけを入れておこう。カメラなどは手荷物として持つことをオススメ。もちろん現金、パスポートをスーツケースに入れておかないように!!

離陸まで成田空港で満喫

日本食のカツ丼とうどんを食す

飛行機がでるまでまだ、3時間ほどあります。実はこの待ち時間が好きなんだよね。なんか旅行前の気持ちがより一層高まるっていうかね。なんかフワフワするんです。

チェックインを終えると時間は19時頃。機内での夜ご飯も出るのだが、最後にしっかりとした日本食を食べておきたい。そんな訳で丼ぶりもののお店に入店。

『カツ丼・ミニうどん・つけもの』のセット(1300円)を食する事に。ちょっと値段が高めなのは気になるが卵掛けカツ丼とかうまかったなぁ。福井でかつ丼となるとソースかつ丼ですからね。お腹いっぱいに食べ、日本食としばらくのお別れを告げました。

最後のお買い物とシャワー

ターミナル内は、いろんなお店があってホント楽しいんですよね。ご飯を食べてもまだ時間があったのでターミナル内でこれだけ行動してました。

成田国際ターミナル内での行動

  • 日本食を堪能(1300円)
  • 地下一階でシャワーを浴びる(800円)
  • 無印にて靴下3足購入(1000円)
  • 本屋にて少年ジャンプと旅行英単語を購入(1000円 今更英語は遅いが(^^))
  • カフェにて、コーヒー片手に日本の文化(少年ジャンプ)を楽しむ(480円)

なんだかんだでターミナル内で『4580円』も使ってしまったではないか。今後気をつける事にしよう。でもオススメなのが空港内であびる事ができる『シャワー』であります。

ハワイについて15時すぎまでシャワーを浴びる事ができませんし、何よりシャワーを浴びておくと飛行機内でも気持ちよく眠れそう(な気がする)。このシャワーを初めから考えていたので、乳液やシャンプーは手荷物(容量100ml以下)にして持っておきました。

飛行機に搭乗そして離陸

搭乗ゲートまで向かいましょう

さていろいろしていたら、搭乗開始時刻が近づいて来ました。そろそろ搭乗ゲートに向かう事にしましょう。チェックインの時にもらった搭乗チケットにゲートナンバーがかかれているのでそこまで向かいます。

搭乗ゲートまでの道のり

  1. 手荷物検査を受ける(機内に持ち込めないものがあるので注意)
  2. 出国審査を受ける(ただパスポートを見せるだけ)
  3. 搭乗ゲートに向かう

時間にして10分程度ですが、ギリギリに搭乗ゲートに向かうのはおすすめしない。十分に時間に余裕をもって行動しましょう。また出国審査が終わったあとには免税店が並んでおり、お買い物を楽しめる。タバコなんて半額くらいじゃないのかなー。まぁまぁたのしい場所ではあります。

手荷物で機内に持ち込めないもの

いま写真にあげるもんはすべて機内にもちこめないもの。やはりテロやらなんやらがあるので仕方がない。

持ち込めないものの例

  • ライター
  • カッター(髭剃りなども含む)
  • 100mlを越える液体
  • スプレー

女性で特にひっかかるとなると液体でしょう。機内に化粧グッズなど持ち込みたいですもんね。でもそれぞれで100mlを越えなければいいので、100ml以下の小さな容器に移しかえてあげれば大丈夫。

21時20分、いよいよ搭乗開始

出発ロビーで待っていると、放送が流れいよいよ搭乗開始である。最初にVIP(ビジネスクラス)から搭乗開始をし、その後に我らがエコノミーの搭乗である。入り口で搭乗チケットを見せ機内に突入。

とりあえず一人でも、ちゃんと飛行機に乗ることはできたようだ。人間やればできるもんだな。

機内での食事と過ごし方

離陸1時間後に夕食

離陸し、1時間ほど経つと夕食が出てきた(本日二度目の夕食)。パンはボソボソしていてあまり美味しいものではなかったが、その他のチキンなどはなかなかいける。

何より、嬉しいのは機内は飲み放題って事。飲み物にはビールやワイン、もちろんコーラなどのソフトドリンクもあります。ビール好きな方にとっては楽しい一時かもしれませんね。ちなみに私はそこまでお酒は好きでないので(まだお子ちゃま)、柚子のジュースをいただく事とした。

寒さ対策と乾燥対策

出発時は半袖でも大丈夫なのだが、夜寝る時はけっこう冷えてきます。もしかすると非常口の近くは冷えるのかもしれません。外は高所という事もありすっげー寒いのでしょう。写真を見てのとおりなんか凍ってます。

もちろん掛け布団のようなものはあるのですが、長袖は時期関係なく一枚はもった方がいいでしょうね。あともう一つの大敵が乾燥です。飛行機の乾燥具合といったらエアコンで部屋が乾燥するレベルを軽く超えてきます。

そこで有効なのがマスク。マスクさえあれば乾燥を少し防ぐ事ができます。夜の快眠を妨げないためにもマスクの持参をオススメします。

ハワイ・ホノルル空港に到着

入国審査を受ける

機内でもらった入国カードを手に持ち、入国審査を受けます。ハワイって事もあり日本人慣れしている人が多いので英語ができなくても大丈夫。

入国審査の人は、いろんな人がいてアメリカンジョークで、旅行客を楽しませる人もいる。私の時は『1000万円は持ってないね(笑)』『チロルチョコは持っているか』など、日本語堪能な方でした。ホントこっちの人はジョークが好きなんだなー。文化の違いをさっそく体感したひとときであった。

入国審査を通ったら預けていた、スーツケースを受取りにいって、空港をでましょう。

空港を出てJALツアーデスクを見つける

空港を出ると各社ツアー客待ちの係員が広がっている。さすがプロと言わんばかりに私がJALを探すというのではなくあちらが勝手に見つけてくれます。ここでスーツケースをあずけ、JALの係員が教えてくれるツアー客用のバスのりばへ移動。

バス出発までのひととき

ハワイまでは、行きが6時間程度しかなく、完全に寝不足で疲れ気味となる。でもハワイの温かい気候が私たちを迎えてくれる。

カラッとした爽やかな空気、広がる青空、風に揺れる南国の木々、やっぱりハワイは何度きてもいいところ。日本からの観光客が多いのも納得できますね。

通常のツアーであれば、バスでホテルまで移動となりますが、今回はホノルルマラソンのツアーであります。ホテルにはいかず、ハワイ・コンベンションセンターでゼッケンの受取りだ。

スポンサードリンク

この記事に関連するかもしれない記事

コメント欄

blog comments powered by Disqus

HOME

管理人

管理人 カズ

人生一度きり、だったらいろんな世界を見てみたい!!そんなわけでカズ旅始めます!スタイルとしては、世界一周とかではなく日本で働きながら行ける時に海外に行くって感じ。そのため一週間未満の旅行となります。

私の事が気になって仕方ない場合は、下記プロフィールをご覧下さい(笑)
プロフィール (kazuch.com)

スポンサードリンク