カンボジアの海がキレイすぎる離島!ロンサレム島に行ってきたぞ!

カンボジアで一番有名なスポットといえばアンコールワット!でも曲者な私達はそんな有名スポットにはいかない。日本人からあまり知られていないシアヌークビルという場所にやってきたよ。そして昨日宿泊したのはシアヌークビルの丘の上にそびえたつ「ビクトリーキャッスルヴィラ」でございます。

そしてこちらシアヌークビルの二日目は、こちらリゾート地という事でボートで離島に向かう事になった。噂ではめっちゃキレイらしい。ではさっそく本日もいってみよう。

カンボジアのキレイすぎる離島ロンサレム島

船着場にやってきた

泊まっているヴィラから、船着場までの移動はこちらでお世話してもらっている中前さんのマイカーで移動。こちらボート上というかむしろビーチ。なんて読むかわからないけど「Serendipity Beach Pier」とトゥクトゥクのオジサンに伝えれば伝わるでしょう。もしくはロンサレム島にいくって事を伝えてもわかるかも。

船着場の場所

たぶんだけど、今回の船着場の場所は上の地図の通りだと思うぜ。というかあれだねー。近くに建物いっぱいあったんだけど、まだGoogle Mapsに反映されてないや。たぶんここだと思うんだよな。

左側のSea Cambodiaって場所でチケット購入

チケット販売所は、海辺に出たらいっぱつで分かる!今回は左側の赤い建物「Sea Cambodia」ってところでチケットを購入する事にした。こちらは北欧の観光客が多いって事で基本的にカウンターの人はみんな英語ができるし、何より現地じゃない白人の人が働いていることもある。

今回目指すは、ロンサレム島なの「ロンサレムアイランド ターンチケット プリーズ」とか言っておけば通じるんじゃないかな。とりあえず、ページリンクについては上に貼り付けておくよ。

これがチケットだ

なんか多いなチケットをもらった。今回の料金は往復で一人あたり30ドル。ここカンボジアではちょっと高めで、たぶん外国人向けの価格設定なんだろうね。これ出航時間と帰る時の時間が書いてあるのでその時間に合わせてボートに向かおう。

もちろん、あちらのロンサレム島で宿泊する事も可能なので、何泊かするときは数日後のチケットを購入すればよし!

近くには水着が売っているぞ

私は水着を持ってきていたけど、あの迷子になったゴリュさんは持ってきてないらしい。という事でこの近くのショップでさっそく水着を買ってきた。なんとアディダスできになる価格は6ドルだったらしい。ただやたらとアディダスの刺繍クォリティーが低かったり何かあやしいが、価格が価格なので別にいいだろう。

船着場には水上レストランもある

ここにくると、お客さんのほとんどは白人系ですな。こちら船着場には水上レストランもあったりくつろぐには最高かも。ちょっと船の出発まで時間があればここで一服するのもいいかもしれない。

さっそく乗込み開始だ

さぁ、時間になった。ではこの「Sea Cambodia」に乗り込むとするか。

船内はこんな感じ。見事なまでに私達以外は全員白人のお客さん。ほんとここは北欧の人からは人気があるらしい。

島の管理人というエライ人発見!

Ray君にペラペラ喋りかけてくるカンボジア人がいる。この人は金の腕時計らしきものをしていたり、どこか違う。そこで話を聞いた所、この島の管理人さんとの事だ。昔は軍のお偉いさんで今はこの島でゆったり管理人をしているんだってさ。

やたらとRay君を気に入って、この管理人さんが運営しているショップでビールをおごってやるとの事だった。というわけで次回の話は、このオジサンの店でも紹介するよ。

ロンサレム島に到着

今回のった船はけっこうなスピードが出ていたが島に到着するまで40分もかかったよ。ただみんな船酔いもなく元気。ではこのパラダイスに行くとするか。ご覧のように今日は晴れ。そしてこの島の海は青い。あぁすばらしいよ。

桟橋を歩くのだが、どこかの映画とかで見るような素晴らしすぎる景色。なんて素晴らしい時にこれたのだろう。これがロンサレム島か。この島の事をネットで調べたけど、全然情報が出てこない。

もしかすると、日本語でこのロンサレム島を紹介する日本人は僕達ブロガーが初になるかもしれないな。

ジェットスキーでかっ飛ばしてきた中前さん到着

僕達のあとをジェットスキーで追いかけてきた中前が僕達の到着とほぼ同時にきた。今回のスピードがでる船でこの島まで40分かかったのに、ジェットスキーだと20分くらいでつくらしい。一体どれだけ飛ばしていたんだろう(笑)。それにしても中前さんは海が似合いすぎるよ。

白い砂浜キター

こちらロンサレム島の砂浜は真っ白。おかげさまで写真白飛びしまくりでございます。更にはこの白い砂浜からの太陽の照り返しがすごく、半端無く日焼けします。私はここで立派なTシャツ焼けを起こしました。ゴリュさんは翌々日くらいから顔の皮がめくれてきました。日焼け対策は必須です。

キュッキュッと音がなる不思議なすな

あっこれテレビでも見たことある!歩いているとなんか変な音がするわけですよ。そこでグイグイと砂を脚でつぶしながら歩いてみると、キュッキュッと不思議な音がするではないか。たしか日本国内にもこういった砂浜あるよねー。

これって確か砂浜がきれいで、砂の粒子の大きさや素材がいい感じに合わさらないと起きないやつだよね。まさかこのカンボジアでこんなビーチに出会えるとは思ってなかったよ。もしこちらに’来ることがあったらぜひためしてみてくれ。

まとめ!ロンサレム島は海が一切汚れていない楽園だった

これが離島なんですね。というか離島って初めてきたかもしれない。これ本土から40分もかけてスピードボートでやってくるので、本土にありがちな汚れ感が一切ない。ホントに離島の海ってのはキレイなんでございますよ。

北欧からのお客さんだと、ここで3日、4日過ごしていく人が多いんだってさ。こちらの島にはホテルはないけど、また次に紹介するバンガローの建物がちょこちょことたってるんです。たしか一部屋一泊5000円程度だったかな。

とにかく海がきれいなのでもしこのシアヌークビルにくることあったらこのロンサレム島はオススメするよ。

スポンサードリンク

コメント欄

blog comments powered by Disqus

HOME

管理人

管理人 カズ

人生一度きり、だったらいろんな世界を見てみたい!!そんなわけでカズ旅始めます!スタイルとしては、世界一周とかではなく日本で働きながら行ける時に海外に行くって感じ。そのため一週間未満の旅行となります。

私の事が気になって仕方ない場合は、下記プロフィールをご覧下さい(笑)
プロフィール (kazuch.com)

スポンサードリンク