これで10ドル!?ロンサレム島で船釣・シュノーケリング楽しんできたよ

カンボジアでまさかの離島「ロンサレム島」に渡った私達。そこに待ち受けているのは、ただただキレイな海と砂浜。マジここ最高やん!ここの行き方については「ロンサレム島の行き方」を参考にして下さいませ!

さて今回は、このロンサレム島に数時間滞在したのですが、ココで何をしたのかお教えしましょう。一つ言えるのは、さすがはカンボジアのリゾート地だ。ハワイに較べて何をするにも激安だったって事ですよ。

ロンサレム島のアクティビティ

船にて出航だ!

最後の方で紹介するけど、今回こちらで世話になった変なオジサンのところで船釣りを予約してみた。とにかく海はきれいで流石は離島といった感じ。

今回は、私のメインブログカズチャンネルで紹介した「HDR-AS100レビュー」のソニーのアクションカムをもってきた。これで水中の中も撮影できるぜ。

ちょっとピンぼけもしてるが、船の下には魚がいっぱい。なんか今日は釣れそうな気がする。というか外国で釣りなんて初めてだよ。テンション上がるぜ!

アクションカムってキレイだな

まったく話は変わるんだけど、さっき紹介したアクションカムの画質めっちゃいい。これなんて動画から切り出した写真なんだけど、それでこれですよ。旅行動画ってぶっちゃけアクションカム一台だけで何とかなっちゃいそう。

ジェットスキーで遊んでみた

このロンサレム島には、このジェットスキーでのアクティビティはない。これは中前さんが本土からのってきたやつでございます。私今回初めてジェットスキーに乗せてもらったんだけどめっちゃ楽しかった。

ただあれだな、絵面が悪い。本来であれば後ろの席には若い女の子が乗るようなもんだけど、今回は私や高柳部長のような、男臭い男子がのる画しか撮れなかった。しかも高柳部長が乗り込むとなぜか普段よりジェットスキーが沈んでいたよw

さぁ出航だ!ただ高柳部長が・・・

船で魚釣りにお出かけって事でみんな乗り込んだのだが、ここで問題発生。高柳部長が乗り込めない。原因としては、高柳部長の普段の運動不足、そして美味しいものをいっぱい食べ過ぎたせいで体重が増えに増えてしまったためだ。

ただここでみんな知ってほしい。実は高柳部長は、今回のブロガーの中で一番年下。なんとまだ23歳なのだ(笑)。彼が30になるころにはどうなっているのか非常に楽しみです。

みんなの協力もあり、無事に船に乗り込めた高柳部長。そしていよいよ出発である。出発してから2分でエンジントラブルが起きたものの、セロハンテープらしきものでエンジンを修理するカンボジア人のスタッフ。

もちろん、これでは直らずもう一台のエンジンを動かし再出発。アジアだとこういう光景ってよくあるよね。基本的に機械がボロボロなんだよね。

シュノーケリングしてみました

船にはシュノーケリンググッズがのっており、自由に使っていいらしい。そこでジェットスキーに乗っていた中前さんに近くの岩場までのせてもらいました。ただ予想通り、ちょっとがこのシュノーケリンググッズボロい。

めちゃくちゃ曇ってるし、頭を抑えるゴムもちぎれていたりするのでホンキでシュノーケリングしたい人は現地で新しいものを買うか、日本からシュノーケリンググッズを持っていくようにしましょう。

さっそく潜ってみると、魚というよりウニがいっぱい。しかも超でかいのばかり。深い所にいけば魚はもっといっぱいいたと思うんだけど、潜ったら治りかかっていた私の鼓膜がまたやぶれた(笑)。これは完治するまで深い所に潜っちゃダメだな。

釣りしてみたら釣れまくるよ!

シュノーケリングも終わり、さっそく釣タイム。釣りはしたことあるけどぶっちゃけ上手くはない。でもそんな私でも普通に釣れたよ。釣り針を底まで落とすと、魚がガンガン食べに来る。そこで口に入れた瞬間に合わせると釣れるわけ。

釣れた魚は、肌の色が赤いリゾート地にいそうな魚。これ魚の名前を聞いたところレッドフィッシュというらしいが、絶対にそれ地元の呼び方でしょう。本当の名前はわからないけど、これは一応地元では高く売れるらしく1キロで2ドルやら3ドルになるんだってさ。

このレッドフィッシュって思ったより釣れるもので、釣り初心者の私達でも1人あたり二匹くらいずつ釣ることができた。はっきりいって釣りは楽しかったよ。

レストランでお昼ごはん

では釣りを一時間ほどして、次はランチタイム。こちらのメニューはこんな感じ。一品あたり4ドル〜7ドルと日本価格で考えるとちょっと安いくらいだが、カンボジアで考えるとちょっと高めの店である。でもリゾート地でこの値段なら全然いいよ。ハワイならこの3倍くらいいくからね。

ビールは1ドル

やっぱりこっちはビールが安い。このビールだけはこのリゾート地でもたったの1ドル。カンボジアにきてからは毎日ビールを飲んでいた気がします。

釣り上げた魚を焼いてくれた

今回の釣りのプランだけど、なんとこれ釣り上げた魚を焼いてくれるのだ。そして感じのこの魚の味だが、普通にうまい!身がぷりぷりして実に美味かった。

そしてこちらは、フィッシュアンドチップス。これは揚げたてサクサクで今まで食べたフィッシュアンドチップスの中で一番うまかった。

そしてこれはチャーハン的なやつ。

そしてこれは、混ぜ麺タイプのやつ。たぶんこれカンボジア料理だと思う。これがうまくて、別のレストランでもこれを注文したくらい。

LENG HENG BEACH BUNGALOW

今回きたのは「LENG HENG BEACH BUNGALOW」というところ。前回の「ロンサレム島の行き方」でも出てきているけど、この島を管理しているエライ人のレストランにやってきたのだ。ちなみに「LENG HENG」というのは、このエライ人の名前。やっぱりアジアは何でもありだな。ビーチに人の名前ついてる(笑)

なんと1人10ドルでした

今回の釣り、そしてその魚を焼いてくれるサービスってハワイとかだったら200ドルくらいいっててもおかしくない。でも今回の気になる料金はなんと1人あたり10ドル。なんて激安なんだ。こっちの人の一ヶ月の給料は平均で100ドル程度。それを考えるとこの料金でもやっていけるのかも。

今回のショップ情報は、よくわからんので写真をあげておくよ。今回いった場所だけど、このロンサレム島の船着場に到着してから、左側に5分ほど歩いて行った場所にある。バンガローがいっぱい見えるから島に到着する前に確認できるよ。

これがレストランの写真。風が気持よくてまじ最高だった。そしてけっこうきれい。

子供ちゃんも気持ちよさそうに寝ていたよ。あとこちらレストランだけでなくバンガロー有りなので宿泊も可能。

後ろに見えるのがバンガローなんだけど、シャワーなども完備していて一泊50ドルくらいらしい。大きなベットがあるので一つのバンガローで二人まで泊まる事ができる。時間があるって時は一泊くらいしていくといいかもね。またシアヌークビルにくる事あったらここにもう一度立ち寄る事にしよう。

スポンサードリンク

コメント欄

blog comments powered by Disqus

HOME

管理人

管理人 カズ

人生一度きり、だったらいろんな世界を見てみたい!!そんなわけでカズ旅始めます!スタイルとしては、世界一周とかではなく日本で働きながら行ける時に海外に行くって感じ。そのため一週間未満の旅行となります。

私の事が気になって仕方ない場合は、下記プロフィールをご覧下さい(笑)
プロフィール (kazuch.com)

スポンサードリンク