LCCは待ってくれない!飛行機の乗り遅れには注意しろ

LCC(格安航空)って価格が安いから以前に比べて飛行機が気軽に乗れるようになりましたよね。「東京⇔北海道」で片道5000円やセール時は、赤字じゃないのかという価格で飛行機が飛んでます。

でも価格が安い代わりに、いろいろ以前からの航空券と比べるとサービスの質は落ちたりする事もあるわけですよ。そんなわけで今回は飛行機乗り遅れのお話。マジ気をつけようね。

LCC飛行機の乗り遅れには注意

搭乗開始時刻と出発時刻には時間に余裕を持つこと

DSC00155

この航空券を見るとわかるかな。「16時45分」には5番ゲートにいてねと書いてあるよね。そしてその下にある「17時15分」というのが、飛行機の出発時間だ。なので、17時15分に5番ゲートにいればいいというわけではない。

基本的には16時45分に5番ゲートにつき、搭乗開始を待つといった意味になる。飛行機に乗るには、持ち物検査だってあるし、外国に飛ぶ時は出国手続きだってある。それに行列ができている事も多々あるので気をつけないとダメなんだよね。

時間がくると奥の入り口が封鎖されますよん

ちょうどフィリピンに行こうとしたとき、他のゲートが閉まりそうだったのでとりあえず写真におさめてきました。受付けしている時はご覧のようにまだ人がいる状態。

でも時間がくると、普通に締まります。まだ来ない人がいたって関係ありません。時間に遅れた人は置いてかれるのです。もちろん、その後にまた自分でチケットを新たに購入する必要ができてきます。

ギリギリセーフの乗客を激写

そろそろゲートが閉まりそうだったので、記念にその瞬間を撮ろうとしたら、後ろから慌ただしく走る音が。あぁ、ギリギリセーフのお客さんたちだ。

そういえば、ゲートで受付けをしているお姉さん達は、ずっと遠くのエレベーターを仕切りに気にしていたんですよ。たぶんチェックインは済ませて、それでも来ていないお客さんがいたから、少しの間だけ待っていてくれていたのかも。

動画を見てもらうとわかるが、お客さんもジェットスターの係員の方も両方慌ただしくしていたので、ホントギリギリの瞬間だったのだろう。

時間を見ると出発時間の2分前とかである。この出発時間って確かゲートが閉まる時間ではなく、飛行機が飛び立つ時間だった気がします。なので通常はもっともっと前にゲートが閉まるはずなんですよ。

飛行機は時間に余裕をもって行動すべし

飛行機ってマジに時間に余裕を持って行動しないとダメなんす。電車だとギリギリでも間に合うけど飛行機だけはそうはいかないんですよ。

LCCでない通常の航空会社だと、乗り遅れてもチケットを発行してもらえる事もあるが、LCCはそうじゃない。新たに購入する必要もあるし、何より直前購入だから高くなるんだよね。

そうならないためにも飛行機に乗る時は、飛行機出発時間の3時間ほど前に空港に着いているのがいいですね。早くついてもいいじゃん。空港でコーヒーでも飲みながらゆっくりしましょ。

スポンサードリンク

この記事に関連するかもしれない記事

コメント欄

blog comments powered by Disqus

HOME

管理人

管理人 カズ

人生一度きり、だったらいろんな世界を見てみたい!!そんなわけでカズ旅始めます!スタイルとしては、世界一周とかではなく日本で働きながら行ける時に海外に行くって感じ。そのため一週間未満の旅行となります。

私の事が気になって仕方ない場合は、下記プロフィールをご覧下さい(笑)
プロフィール (kazuch.com)

スポンサードリンク