フィリピンでセブ島往復チケットを入手する方法。直接空港に行って手に入れた

今回は、航空チケットを一切予約していなくても当日の朝に空港に行って、当日のセブ島行きのチケットを買えるかの検証です。まぁこうなったのにも実はいろいろ理由があるんだけどね。

まぁでもね、絶対私達みたいな人は他にもいると思うんだ。とりあえずフィリピン行ってみて、着いてからセブ島行きたくなっちゃったってなる可能性は十分あるでしょ。なのでそういう特殊な方にとって参考になれば嬉しいっす。

当日のセブ島行きチケットの購入方法

なぜ当日の朝にセブ島行きのチケットを購入するの?

これは皆さん疑問に思うでしょう。なぜ当日の朝にセブ島行きのチケットを購入する事になったのか、そしてセブ島に行く理由をいいましょう。

  • パソコンからじゃ出発12時間以内のものが予約できなかった
  • 板垣さんのお仕事仲間がセブ島にいるから会ってみたい
  • 板垣さんは、翌日の早朝の便で帰国するから今日しかない

そう「フィリピン二日目の様子」でも言いましたが、一応昨晩、パソコンから飛行機チケットの予約をしようとはしました。でも出発12時間以内のものはダメって出てきちゃってあきらめたのです。

という事で、翌日の朝に直接空港に行ってチケットを買ってみようという流れになっちゃいました。

空港に向けて出発!今の時間は7時57分

調べてみると11時頃の飛行機があるみたいなので、それで行けたら行くことにしよう。いまの時間は朝の8時。今いるイーストウッドから空港まではちょっと離れているんだよな。余裕を持って早く行くことにしよう。

タクシーでのメーターチェック!

04

またあとでタクシー情報はまとめるけど、タクシーのメーターチェックは絶対に必要。とりあえずはね、初乗り40ペソとなります。

フィリピンエアラインのあるターミナル2に到着

ターミナル2には、セブ島行きの便があるフィリピンエアラインがあるんだ。という事で到着。時間にして45分くらいでした。

建物に入ろうとしたらチケットが必要と警備員に言われた

「Philippine Airlines」という大きな看板があったのでその下をくぐり建物に入ろうとしたら「チケット」と警備員が言ってくる。どうもこの建物に入るにはチケットが必要なようだ。

日本だと、かなりの確率でチェックインとかする場所の近くでチケット販売とかもされていたと思うんだよな。どうもチケットは別の場所で販売されているらしい。これが日本との違いってやつなのか。

すぐ隣にチケット売り場があるらしい

先ほどの警備員が指を指した先に、どうもチケット売り場があるようだ。ここは隣の建物だからすぐ行けます。

入り口に発券機のようなものがある

チケット売り場の建物に入ると、すぐに発券機のようなものがあるのでその券を手に入れよう。

この日は特に混んでなくて、すぐさま私達が呼ばれました。さてチケットを買うことはできるのかな。

えっ板垣さんのパスポートがない!?

店員さんにパスポートと言われたので、すぐ渡したのだが、板垣さんのパスポートが見つからない。どうしたんだろう、いつも首にぶら下げていたのに今日に限ってぶら下げてなかったのだ。

飛行機に乗る時は、たとえ国内であってもパスポートが必要となってくるらしい。でもいくら探してもパスポートは見つからないんだな。

ホテルまで戻ってパスポートを探そう!

板垣さんはご覧のように、超しょんぼり(笑)。まぁでも幸い私達には時間があるので、往復で2時間くらいかかるけど、みんな一緒にタクシーでホテルに戻る事にしました。

ホテルで発見!海外でのパスポートの重要性

ははっホテルにやっぱりパスポートありましたよ。板垣さんよかったっすね。海外ではね、パスポートって命の次に大事って言われているわけで、基本的には持ち歩くのがベストだと思います。

アメリカの方では、特にお酒を飲むシーンなどで若く見られる日本人には必須のツール。そして今回の空港などパスポートが必要な時ってけっこう多いんですよ。

13時30分出発のセブ島往復チケットをゲット

時間の関係で11時台の航空券入手とはなりませんでしたが、13時30分の便でとる事ができました。まぁ混雑状況にもよりますが、当日の朝に空港に行って、更にパスポートを忘れてホテルに取りに戻っても手に入れる事はできるようです(笑)。

ちなみに板垣さんは、明日の早朝の便で帰るため、この日の内に帰る必要があります。という事で三人とも21時の便でセブ島からマニラまで戻るチケットも入手しました。

店員さんがビックリするくらい航空チケットが高かったぞ!

もうね、何回も言われましたよ。今回の私達が手に入れたチケットは「Too expensive!!」だってさ。その気になる価格は往復で1万ペソ近いものでした。たぶん通常価格の2倍以上の値段じゃないのかな。

だから翌日の便にしたらとも提案してもらったけど、今日中に帰らないといけないからね。ただ高いといっても1万ペソ。往復で2万円~2万5千円ってところでしょうか。

日本では、私の住んでいる福井と東京の電車往復チケットで2万5千円もするんだ。それを考えると、通常時より高いチケットであっても特別割高には思えないなぁ。

身体チェックを終えて中へ

さてようやく激高チケットも手に入れた事だし、空港内へ入ろう。空港の入り口では、もはやフィリピンの常識と思えてきた身体チェックをすませていく。

フィリピンって基本的には、ショッピングセンターやホテルなどちょっとした建物に入る時は必ずといっていいほど身体チェックがあるんだよね。

チェックインしてチケット入手だぜ!

ようやく私もチェックインという言葉がわかってきましたよ。簡単に言うとチケットを貰うためのものなんだね。チェックインというとホテルに入るものでしか使った事なかったから今までパッと来なかったんだよ。

さて飛行機の出発時間まで1時間ちょっとあります。お腹も減ったので次回は、空港での食レポやってみましょう。ではー。

スポンサードリンク

コメント欄

blog comments powered by Disqus

HOME

管理人

管理人 カズ

人生一度きり、だったらいろんな世界を見てみたい!!そんなわけでカズ旅始めます!スタイルとしては、世界一周とかではなく日本で働きながら行ける時に海外に行くって感じ。そのため一週間未満の旅行となります。

私の事が気になって仕方ない場合は、下記プロフィールをご覧下さい(笑)
プロフィール (kazuch.com)

スポンサードリンク