たった3時間だけど、セブ島のリゾート「プランテーションベイ」に行って来たぞ!

セブ島に住んでいるバネッサに無事に会うというミッションは無事達成した!よしあとはセブ島を満喫して帰るだけだ。という事でバネッサ達とやってきたのは「プランテーションベイ」というリゾート地。

ただ滞在できる時間は、残り僅か。たぶん滞在時間は2時間~3時間くらいかな。というかいままでセブ島に来て、こんな短時間で帰る日本人っていたのかな。今回ミラクルタイトなスケジュールだけど初めてのセブ島楽しんで帰るぞ!

セブ島のリゾート「プランテーションベイ」

おぉここはやっぱりリゾート地なんだな

このプランテーションに来るまでの記事「セブ空港からプランテーションベイまでの風景」を読んでもらうとわかるけど、ここセブ島ってマニラに比べると田舎で近代的な建物が少なかったんだ。

しかしさすがリゾート地だ。広くきれいな建物がボンっと建っている。外の植物の手入れも行き届いているし、ちょうどこの2月は天気もよく風も気持ちよくハワイに似てる。

別に予約なんて要りません!

このプランテーションベイに宿泊となると満室の可能性もあるので、何も確認せずに行くのはまずいと思うが、別に宿泊しないのであれば何も予約なんて必要ないっす。

なんと日本語ができる受付けさんもいるぞ

「私、タガログ語も英語もしゃべれない・・・」とかでも全く問題ございません。このプランテーションベイは、日本人の観光客が超ミラクル多いという事もあって日本人大歓迎ムードが漂ってます。

写真に見える受付けの方はとても気さくな人で、写真もOK!そして日本語もOK!日本に留学とかそういう経験はなく、ただココで日本語をむっちゃ勉強したらしい。そして実際喋べってみるとわかりますが、相当なレベルの日本語です。99%の日本語が通じるって考えてもいいっすよ。

日本語のメニューもございます

この通り、日本語のメニューがあるし、何ならこれ一人一人に渡してくれるんですよ。これにはこのプランテーションベイの地図とかメニューがのってるんだ。

入場料と夕ご飯付きで2000ペソ

ココでの料金だが入場料・夕ご飯付きでなんと2000ペソ。日本円で言うと4000円~6000円といったところだろうか。まっフィリピンにしては高いけど、これで1日遊べるって考えると特別高くもないかな。

また入場券とか言ってますが、カヌーだとか自転車だとかプールなどいろんなアクティビティーがついてきます。別途料金がかかるものとしてはカラオケとかビーチでの飲食くらいかな。

内側はキレイなプール&宿泊施設

このリゾート地はボチボチ大きなもので広い海のようなプールがボンボンボンって建っているんだ。もちろん掃除もキレイに行われており超キレイ。

たぶん奥に見えるのが宿泊施設だと思うんだけど、部屋で水着に着替えてそのまま外でてプールで遊べるってのがココの魅力なんだろう。これがリゾート施設のいいところだよね。

えっトイレと着替える場所が一緒なの

日本じゃあまり見ない光景だが、更衣室にくるとご覧のようにトイレで着替えるような感じになってるんだ。まぁ掃除が行き届いており臭くもないし清潔だし問題はないか。

電動自動車で移動さ

先ほどもいったようにこのプランテーションベイはけっこう広い。そんなわけで端から端に移動ってなると5分~10分はかかるんじゃないのかな。

水着に着替えた私達は、ちょっと離れた海辺に移動したかったので、園内を走っている電動自動車にのって移動。もちろんこれも無料である。

もしかして馬車の移動もできるのかな

おっ馬車発見!なんか平和だよなぁ。ちょっとわからないけど馬車にのって移動もできるんだと思う。ただ別途チップという事で多少の料金はかかるかもね。

ビーチに到着

着替え終わって、このビーチに来た時点で時間は16時を過ぎている。昼間は人がいっぱいいただろうけど、この時間になると人はポツポツとしかいません。なんなら少しずつ暗くなってきたぞ(笑)

作られたビーチって感じだねー

えっと、私達が行ったビーチは・・・うん、特別キレイってもんじゃないね(笑)。サラサラの砂浜が広がっていると思ったらそうじゃなかった。現地の人に聞くと、セブ島でもキレイな場所はあるがボラカイ島の方がきれいなんだってさ。

まぁいいや、キレイな海はハワイ(ハワイ記事)でも散々見てきたし、とりあえずセブ島の海を満喫するぞ!という事で水中カメラを持ち出し海の中で遊ぶ事にした。

おっ魚はいっぱいいるじゃん!

ご覧のように海は魚でいっぱい。なんだ普通に南国の海って感じじゃん!ただこれカメラの映像でわかっただけで水中眼鏡をしていなかった私には肉眼で確認する事はできなかったんだ。なんとなく黄色い物体が動いてるなーってのだけはわかったけど(笑)

海は飽きたので内側のプールに移動

肉眼では水中の様子は何もわからず特別面白くもないので、内側にあるプールに移動。

プールは暖かくとっても気持ちがいい。という事で男三人プールでフワーッと泳いで遊ぶ事にした。この日でフィリピン三日目で毎日なんだかんだで慌ただしかったのだが、このプールでは初めてこのフィリピンを落ち着いて過ごせた気がする。

三人で「あぁ、気持ちがいいねー」ってプカプカ浮いてボケーっと過ごす。これぞ南国の過ごし方である。

飛び込み台や滑り台もあるぞ

プランテーションベイは、内側に普通のプールだけがあるというわけでなく、それなりに楽しめるよう飛び込み台とか滑り台、他にはジャグジーとかプールに入りながら楽しめるバーもあったりするんだ。

とりあえず、飛び込み台が面白そうだったのでボーンと飛び込んでみた。うーん最高に気持ちがいい。ちなみにこの時バネッサ達は、遊んできなよってアラサーの男3人を陸から温かく見守ってくれていました。まるでお母さんのようだ。

あっ気がついたら日が沈んできた

一時間ほど、パシャパシャ遊んでると、日が沈んできました。もう私達もアラサーだし、子どもたちのように一日中、プールの回りを走り回れるかというとそうではない。もうプール遊びは十分さ。さて夕ご飯を食べに行こうか。

プールの上を歩ける通路がおしゃれ

冒頭でもこの写真をみたと思うが、やっぱりこの通路オシャレだよね。この通路を通ってレストランに行くんだ。

たぶん結婚式も挙げれるぞ

写真のようにキレイな花が飾られているスポットがあるんだ。たぶんこれ結婚式が終わったあとじゃないのかな。真ん中には赤い絨毯が敷いてあって、その上にはこの日に撒いたと思われるバラもあるしさ。いいなーこんな場所で挙式を挙げるってのも。

レストランに到着さ!

やはりこのプランテーションベイは広いので、更衣室からレストランまで歩いて5分ほどかかったかな。

開放的さー

こちらのレストランは建物は建物だけど、窓とかはなく開放的。気温もちょうどいいし快適でした。

飲み物とサラダと料理2品、アイス付き

今回は2000ペソに含まれる夕食券で食べに来たんだけど、けっこういろんなものがついてくるね。うーん何にしよう。

外国のサラダ

これはどの国に行っても思うけど、やっぱり日本のサラダはうまいね。海外だとちょっと葉が硬めだったりするわけ。まっでも特別まずくないし、何よりフィリピンに来てからあまり野菜を食べてなかったのでちょうどよかったかも。

これがチキンマサイ

チキンマサイが一体なになのか分からなかったが、鳥料理ってのは間違いなさそうだったからこれにしたんだ。ご覧のように焼き鳥っぽく細長くなったお肉を中央のソースにつけて食べるみたい。

えっとどんなんだろう。あっ普通にうまいや。やっぱり鳥料理はさっぱりしていてうまいよね。

歯ごたえがありすぎる豚肉

今回選べるコース料理なんだけど、肉(鳥)に肉(豚)ってな感じになりました。こっちの人ってみんな肉が好きなのかな。

こちらの料理ですが、豚肉にころもをつけて揚げた料理じゃないのかな。一つだけ言っておこう、味付けはいいのだが衣が超硬い。なんか食べててバリバリ音がなります(笑)。一体どんな衣を使用しているんだろう。これは初めての食感でしたね。

そして何より、ボリュームがすごい。たぶん一般男性だったら今回の料理残す人でてくるよ。そのくらい量が多いのです。ただ私としては、質より量の人なので大満足っすけどね。

あっやべぇ、21時の飛行機に乗れなくなる!

バネッサからタガログ語講座をワイワイやって楽しんでいて気がついたらもう19時前。あれっちょっと時間がやばくないか。確か飛行機の時間は21時だったはず。こっから空港まで離れているしもう行かなきゃ!

プランテーションベイさんありがとー

時間が真面目に危ないので、ご飯を食べ終わってささっと去った私達。このプランテーションベイは、今回みてわかるように完全に隔離されているような感じなんだ。だから部外者は入れないしかなり安全と言えるでしょう。

そして日本語がわかるスタッフもいるし、何なら日本人スタッフっぽいのも見た気がする。そのくらいここは日本向けの施設になっています。HISで来たと思われる日本の若い女の子も大勢みたし家族できても安心して使えるんじゃないのかな。

ただデメリットを挙げるとすると、すべてこの内部で生活できるような感じになっているから、フィリピンという外国に来たという感じは少し薄くなるかもね。ただそれと引き換えにすごい安全っていうメリットがあるから初めての外国旅行とか初めてのフィリピンって意味ではこのリゾートオススメっす。

スポンサードリンク

コメント欄

blog comments powered by Disqus

HOME

管理人

管理人 カズ

人生一度きり、だったらいろんな世界を見てみたい!!そんなわけでカズ旅始めます!スタイルとしては、世界一周とかではなく日本で働きながら行ける時に海外に行くって感じ。そのため一週間未満の旅行となります。

私の事が気になって仕方ない場合は、下記プロフィールをご覧下さい(笑)
プロフィール (kazuch.com)

スポンサードリンク