超激安バス!ジプニーの乗り方

ネット上ではジプニーは危険な乗り物として紹介される事が多い。そんなわけで避けて通ってきたのですが、友人が全く問題ないよと言うじゃないか。

じゃあ、これも経験である。そこで友人と一緒にジプニーでお出かけする事になりました。さてちゃんと安全に目的地まで行くのでしょうか。

ジプニーの乗り方

そもそもジプニーとは

簡単に言えばバスの事です。でも写真を見ての通りバスといっても小型のもの。ちょっと大通りに出るとビックリするくらいの量のジプニーが流れています。

このジプニー、フィリピンでは庶民の足として利用され、距離にもよりますが、8ペソで乗ることができます。まぁ日本円でいうと20円。これでも昔と比べると値上がりしたっていうんだから驚きである。

バスのサイドに行き先が書いてある

写真を見ると「PASIG ⇔ QUYAPO」と書いてあるでしょ。つまりこれはパッシグとキヤポを行き来するバスって事。どっちに向かっているかは、バスの運転手に聞くかするとよいでしょう。

基本的に同じ道を行ったり帰ったりするだけなので、もしジプニーを使って移動した時は、帰りは反対車線で同じジプニーにのればいいだけ。

ジプニー乗り場から乗車

本当はジプニー乗り場から乗車するのだが、そんな場所わからない。たぶん人がいっぱい並んでいるところがそうなんだろうけどね。

フィリピンって渋滞がひどいので、ジプニーがストップしている内に乗り込んだ。というか別にこれは普通の事らしい。

夕刻は帰宅ラッシュで混んでるぜ

写真を見ておわかりだろうか。むちゃくちゃ混んでおります。こっちって渋滞も起きるけど、夕刻の時間は多くのジプニーが走ってもすべて満席って事はよくある。

という訳で、私は座ることができず、こちらならではの、はみ出し乗りになりました。あっこれも普通の光景なんですよ。夕刻の時間は、下記のような光景をよく見ます。

ちょっと小さくてわかりづらいけど、ジプニーの後ろに四人いるのが見えるでしょ。フィリピンハーフのKaiに聞いたけど、4人までは全然普通でたまに5人乗ることもあるみたい。なんかいろいろ、フィリピンはゆるいなぁ。

代金はお客さん同士で手渡し?

最初、この光景にはちょっと驚いた。後ろのお客さんからお金が回ってきたのである。これ何かというと、後ろの人は、ドライバーに料金を渡す事ができないから、お客さん伝いに料金を支払うのが普通。

どうも、運転手に近い側に座った人はこれをやるのがマナーらしい。更に驚きは、お釣りですら、お客さん伝いに戻ってくるのだ。なんだろう、何かこういうのもいいよなぁ。

ちなみに料金は8ペソ。前払い制になっています。ただ距離がむっちゃ伸びると料金が上がるらしい。

窓が小さく場所の確認がしづらい

これはジプニー内部の写真なのだが、窓が極端に小さく、そして低い位置にあるので、周りの景色が見えづらいんだ。なので、ちょっと土地勘がないと降りるポイントが分からない事がある。

心配な時は、ドライバーの横の席に座って、場所を降りたい場所を言った方がいいでしょう。私はこれの帰りは、そのような方法で帰りました。

降りたい場所で降りるのさ

基本的に降りる場所は自由。なので降りたいポイントにきたら「パーラ(降りる)」とか言ってドライバーに降りたいという意思表示をしましょう。

結論!ジプニーは決して危ない乗り物ではない

ネット上で、ジプニーの情報を検索すると、いろいろ悪い情報しか出て来ませんが、何度か乗ってみて特に危険性などは感じませんでした。マカティーの方で乗った時なんか、若い女性の方も多く、男の人ばかりっていう感じの乗り物ではありません。

ただ実際に、車内で気づかれない内に盗まれているなどの被害は起きているみたいなので、もし荷物を持っているのであれば、自分の膝の上にのせて注意しましょう。

あと基本的に24時間、ジプニーは走っているみたいですが、深夜など変な時間帯の使用も万が一を考え控えた方がいいでしょうね。

スポンサードリンク

コメント欄

blog comments powered by Disqus

HOME

管理人

管理人 カズ

人生一度きり、だったらいろんな世界を見てみたい!!そんなわけでカズ旅始めます!スタイルとしては、世界一周とかではなく日本で働きながら行ける時に海外に行くって感じ。そのため一週間未満の旅行となります。

私の事が気になって仕方ない場合は、下記プロフィールをご覧下さい(笑)
プロフィール (kazuch.com)

スポンサードリンク