フィリピンスイーツ!ハロハロ(Halo-halo)を食べてきたぞ!

スイーツ男子のKazuです。いやぁ私って男なのに甘いものが大好きなんですよ。そこで留学中、私の担当の先生とスイーツの話になった時、フィリピンには、ハロハロというハンパないスイーツがあるっていうんだ。

それで、何と授業中にハロハロを食べに行くことになった(笑)。リアルな生活を英語で体験する。これも授業なのだ!さて先生と一緒にハロハロを食べにいくとするか。

ハロハロレポート

ハロハロ有名店のChow king

ハロハロはフィリピンのソウルフードというか超メジャーなスイーツなので、ぶっちゃけどこにでも売っている。ただフィリピン人の先生達に聞くとChow kingのハロハロがうまいらしい。

そこで学校の近くにあるSMメガモールにやってきました。昼の三時過ぎというのに、けっこうお客さんがいたんだ。ホントに人気店なのかも。

座席はいっぱい設けられており、至って普通。まぁここはいわゆるマクドナルドとかいったようなフィリピンのチェーン店。清潔感はバッチリでございました。

ハロハロの人気高し!

時間帯もあると思うが、写真を見ての通り店員さんはハロハロを量産している。他のお客さんも決まってハロハロを注文するんだよね。こっちって甘党が多いのかもしれない。そしてハロハロの気になる価格は下記の通りだ。

ハロハロの価格

  • レギュラーサイズ 72ペソ
  • ラージサイズ 105ペソ

日本円に直すと、レギュラーで180円。ラージサイズで250円といったところだ。ローカルの屋台ほど安くはないが、日本と比べたら全然安いよなぁ。

ハロハロがキター

これがハロハロだ。下側にはかき氷チックなものが敷き詰められ、上には紫色のアイスやら、その他こまかなものがトッピングされています。

私は105ペソのラージサイズを注文したのだが、これがまたむちゃ大きい。例えるなら大ジョッキにスイーツを詰めたようなもの。ちょっと大きすぎる。

くしゃくしゃ混ぜて食べる

先生達がハロハロの食べ方講座をしてくれた。ハロハロは上から順に食べていくのではなく、ガシガシ全体を混ぜていただくそうだ。

さて食べてみよう・・・
うまいではないか!例えるなら日本のかき氷を濃くしたような感じ。うーん気の利いた事が言えない(笑)、食レポは難しいぜ。

レチェプランは半端なくうまい

ハロハロを注文すると決まり事で、上に紫のアイスがくるのはもちろん、レチェフランというプリンのようなものものってくるんだ。これが半端なくうまい!プリンを濃くしたようなものだ。

ハロハロというより、むしろこれだけを食べていたい!

フィリピンにきたなら一度は試そうぜ

ハロハロは、Chow kingじゃなくてもフィリピン各地で売っています。適当に街なかとか、モール内をあるけば必ずあるので甘党であれば一度は試して欲しい。ただ注意して欲しいのはサイズ。私みたいにラージサイズ注文するとそれだけでお腹いっぱいになっちゃうぞ。

スポンサードリンク

コメント欄

blog comments powered by Disqus

HOME

管理人

管理人 カズ

人生一度きり、だったらいろんな世界を見てみたい!!そんなわけでカズ旅始めます!スタイルとしては、世界一周とかではなく日本で働きながら行ける時に海外に行くって感じ。そのため一週間未満の旅行となります。

私の事が気になって仕方ない場合は、下記プロフィールをご覧下さい(笑)
プロフィール (kazuch.com)

スポンサードリンク